TR's野球コラム【その5】

 中学校野球部】

 2011年10月から、息子の入っている中学校野球部の練習のお手伝いをする事になりました。

 それまでにも試合や練習をちょくちょく見に行ってたのですが・・・・・

 「放課後練習はいつ始まったのかいつ終わったのか判らないくらいにバラバラ」
 「声が全く出てない」
 「活気がない」
 「正面で捕れる球も横着して片手取り」
 「大敗しても笑っている」 etc・・・

 イカン!このままではイカン!
 
 技術的な分はさておき何にも目的を持たずに野球をやっている。

 野球には「楽しさ」が必要だとは思いますが、どうも「楽しさ」と「楽さ」を取り違えている。
 中学生のレベルであれば
 「勝つためにはどうするのか?」
 「何をどう考えて練習をするのか?」
 こういった事を考え始めなければならない時期。

 指示があるまで動かない。(動けない?)
 言われた事しかやらない。
 
 まずはここから如何に変えて行くか。
 
 何をどう指導して確実に力を付けさせるか?

 少年野球には5年ほど関わってきましたが中学生は初めて。
 多感な世代でもあり難しいとは思いますが、春先の1勝を目指してとにかく「泥臭く」野球をやらせようかと思ってます。
 
 苦しい練習の先には「皆で勝ちを分かち合う」嬉しさ、野球の本当の楽しさを植え込むべく、頑張ろうと思います。

戻る

inserted by FC2 system